ネットワークビジネスでのアップの選び方

こんにちは^^

 

 

 

 

 

今回は、ネットワークビジネスでのアップの選び方を書いてみたいと思います。

 

 

ネットワークビジネスでは、アップがとても大事と言われています。

 

 

なぜだかわかりますか?

 

 

ネットワークビジネスは、模倣ビジネス、コピービジネスとよく言われるように、

 

 

ノウハウを模倣するビジネスです。

 

 

 

 

アップのやり方をコピーしながら、

 

商品を紹介していくわけですね。

 

 

 

 

アップのビジネスの仕方が、もし、人に嫌がられるようなやり方だったら、

 

あなたは、友人も家族も失うことにもなりかねません。

 

 

 

 

事実、ネットワークビジネスで家族崩壊とか、

 

あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

だからこそ、ネットワークビジネスのイメージが悪くなっちゃったんですよね。

 

 

 

「会社のシステムも、

 

 

勧誘方法も、

 

 

これまでの方法は、どちらもマズかった」と

 

 

冷静に分析してみると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

選んだネットワークビジネスの会社のシステムが悪かったら、

 

どんなに頑張っても報われないです。

 

 

 

 

ですから、もし、ネットワークビジネスをされるときには、

 

しっかりと会社のシステムを理解してから行うようにしたほうが良いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、昔のネットワークビジネスは、「販売型」と言われていました。

 

 

 

 

 

 

 

「販売型」のネットワークビジネスでは、

 

 

 

 

最初に、会社と販売代理店契約をします。

 

 

 

 

そして、契約をした人は、ディストリビューター(代理店、販売者)となります。

 

 

 

 

 

ディストリビューターは、会社から大量の製品を在庫として仕入れ、販売をします。

 

 

 

 

 

そのため多額のローンを組まされたり、

 

 

 

 

製品を抱えて売り歩いたり、

 

 

洗脳まがいのセミナーに半強制的に出席させられたりという

 

 

 

 

つらい経験や失敗を、多くの人が体験しています。

 

 

 

 

 

 

 

それだけならまだしも、友人、家族を失う人も多くいます。

 

 

 

 

だって、多額のローンを組まされますから。

 

 

 

 

1500万ものお金をつぎ込んだって話も、聞いたことがあります。

 

 

 

 

ネット上にも、友人がネットワークビジネスにはまって

 

度重なる勧誘を受けたなんて報告が沢山ありますよね。

 

 

 

 

普段通りに接していた人間から

 

急に、興味がない商品をすすめられても、反応に困るのは当然です。

 

 

 

あなたも、もし、友人、知人から、

 

 

 

 

いきなりネットワークビジネスの勧誘を受けたら嫌ですよね。

 

 

 

 

でも、ネットワークビジネス会員になった途端に、

 

身近な友人、知人に声をかけてしまう^^;

 

 

 

 

 

 

なぜでしょうか?

 

それは、自分がそうやって勧誘を受けたからです。

 

 

 

 

ネットワークビジネスはコピービジネスといって、

 

自分を誘ってくれた時の方法を再現するようになっているのです。

 

 

 

アップのやり方を、つい真似してしまうのです。

 

 

 

 

そして、アップに相談しても、

 

 

 

 

「下手な鉄砲も、数撃ちゃ当たる」とか「とにかく、まず100回断られてこい!」

 

 

 

 

とか、言っちゃうアップもいるのですよ(笑)

 

 

 

 

そんなの、何のアドバイスにもならないですから。

 

 

 

 

 

 

 

商品が欲しいとも思っていない人、100人に対して、アタックできますか!?

 

 

 

 

 

 

 

できる!と言い切れるメンタル強い人ならば、

 

やっても良いでしょうけど・・

 

 

 

 

できれば効率よく作業した方が、時間も労力も、疲労も少なくてすみますよね。

 

 

 

 

 

 

 

効率よくアタックするには、

 

欲しいと思っている方にアプローチするのが一番カンタンで労力も少なくてすみますし、

 

 

 

 

何より、「紹介してくれてありがとう」って、感謝までしてもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

欲しいと思っている方を見つけるのは、

 

出会う人、出会う人にいちいち聞くのは、大変ですよね。

 

 

 

 

ですから、インターネットを使ったネットワークビジネスが効率が良いのです。

 

 

 

 

インターネットでは、基本的に、興味を持った人が読んでくれますし、

 

 

 

 

興味がない人は、スルーしてくれますから^^

 

 

 

 

 

 

 

・・・話がそれました。

 

 

 

 

アップの話でした。

 

 

 

 

 

 

 

自分の個人的な意見で言うならば・・・

 

 

 

 

 

 

 

「この人のようになりたいな〜」

 

 

 

 

って、思える人をアップにするのが一番ですね。

 

 

 

 

だって、コピービジネスなんです。

 

 

 

 

アップの人のように、勧誘とかしていくわけですよ。

 

 

 

 

この人のようになりたくない、と思っている人の真似は、

 

正直したくないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、どの会社を選ぶか、そして、

 

どのグループを選ぶか、ということは、とても大事ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

グループによって、あなたの得られるチャンスが大きく変わってきますからね。

 

 

 

 

 

 

 

教育が徹底されているグループと、

 

 

 

 

何も手助けが得られないグループとでは、

 

 

 

 

全くビジネスの結果が変わってくるのは、お分かりいただけますよね。

 

 

 

 

 

 

 

私が言っているのは、

 

 

 

 

グループを選んだ後の話です。

 

 

 

 

 

 

 

インターネットで、ネットワークビジネスを展開して

 

活動しているグループはいくつもありますから、

 

 

 

 

選ぶのは簡単ですし、

 

 

 

 

グループを見つけることも、

 

 

 

 

いくつか資料を請求していくと

 

どのグループかってことも、すぐにわかってくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

さて、あなたがグループを決めたとします。

 

 

 

 

次にアップですが、

 

 

 

 

グループリーダーの方々は、

 

 

 

 

まあ、忙しい場合があります。

 

 

 

 

ぶっちゃけ、新規で入ってきた人のお世話をする暇などない!ってこともあるでしょう。

 

 

 

 

連絡をしても、なかなか連絡がつかない、とかね。

 

 

 

 

マメな方もいらっしゃるでしょうけど。

 

 

 

 

 

 

 

だいたい、リーダーの人の下には、

 

もうダウンさんが何人もついていますから、

 

何人も教育するのは、本当に大変ですからね。

 

 

 

 

もしもリーダーのダウンさんの下についても、

 

リーダーのダウンラインには変わりないわけで、

 

グループやリーダーさんのサポートも受けれます。

 

 

 

 

だから、なるべく、何名かのサポートを受けられるような、

 

そういう体制でスタートされる事がベストじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだいってきましたが、自分は

 

 

 

 

「この人を幸せにしたいな〜」

 

 

 

 

と思う人を選びました。

 

 

 

 

結婚と同じですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し詳しくいいますと、

 

 

 

 

自分が稼ぐと、アップの人にも少しは貢献することになりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

その時に、

 

 

 

 

「あの人が幸せになるのは気に入らない」

 

 

 

 

って思いながらビジネスするのは、

 

正直しんどいなって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

完全にビジネスマインドではないのかもしれませんけど。

 

 

 

 

「あなたも私も幸せ、

 

 

 

 

(私のビジネスパートナーの方も、もちろん幸せにする)」

 

 

 

 

という、WIN-WINの関係でのビジネスを創りあげたいです。

 

 

 

 

 

 

 

この会社のシステム&

 

このチームでは、

 

 

 

 

この理想を実現できそうだと思って

 

自分は活動しています。

 

 

 

 

 

 

 

それから、アップの選び方は、

 

 

 

 

「少なくとも自分の場合はこうだった」、というだけの話ですから、

 

 

 

 

ビジネスマインドに徹するっていう考え方や、

 

 

 

 

利用できそうな人を徹底的に利用するっていう考え方も、

 

 

 

 

それはそれで、アリだと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットワークビジネスでは、

 

 

 

 

グループと、アップ、どちらも大切ですから、

 

 

 

 

もしビジネスにされる場合には、

 

 

 

 

あなたの基準に沿って、

 

 

 

 

ここは妥協なく選ぶようにしたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました^^

 

 

 


過去に前例のない新しいネットワークビジネスの登場